ハリネズミの赤ちゃんの育て方!針は産まれてから生えてくるの?

こんにちは、ぽむです。

ハリネズミの赤ちゃん、見たことありますか?

特徴の針は産まれてから生えてくるのか、気になったことはありませんか?。

お腹の中に針が一杯あったらさすがのお母さんも大変だろうな。。とか考えちゃいますw

今回はハリネズミの赤ちゃんの育て方と、特徴の針はいつ生えてくるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハリネズミの赤ちゃんの育てかた

これはハリネズミの赤ちゃんは。

産まれたときはピンク色です。体重は12gくらいです。

(画像は生まれてから数日たった子ハリ達です)

かわいいですよね^^

ところが

このハリネズミを赤ちゃんから育てるのは本当に大変だと言われているんです。

可能性で言うと65%とも言われていたりします。

お母さんの子食いと育児放棄が主な原因です。生後2週間以内が一番危ないと言われています。

何らかの理由でお母さんが育児放棄をしてしまうと、そのままではその子は生きていけません。そのばあいは飼い主が人工保育をすることになります。それがとても難しく、初乳を与えられていない場合は100%無理だと言われています。

ハリネズミ赤ちゃん、人工飼育を避けるために気をつけること

大変ですが、気をつければハリネズミは元から子煩悩な性質なのでせっせと子供を育てます。

赤ちゃんが生まれた直後はとにかくそっとそっと静かに静かにしておきます。お母さんはとにかくとってもデリケートになっているからです。

産後2週間が勝負と言われています。

お母さんが子食いせず、育児放棄をしないように注意するのは次の通り。

  • 静かにする
  • ゲージにタオルなどを掛けて暗くして、休みやすくする
  • 出産後2~3週間は聞きなれない大きな音。臭いに気をつける。
  • 寝床を覗き込まない(子食いと育児放棄を確認する程度に控える)
  • 触らない
  • 新鮮な食事と水分を用意、量はいつもより大目(出産で体が弱っているので硬いフードは柔らかくして、野菜、肉は細かくカット)
  • 掃除は1ヶ月くらいしない(産後初めてのお掃除は床材を50%くらい変えるだけ)
  • ケージは温度28度くらいに保つ
  • 子ハリが寝床から出たら、手でなくプラスチックのスプーンで戻す(それも出来るだけ早く静かに)
  • 動画もひたすら控える。
  • 生後1ヶ月くらいするとはが生えて自分で巣から出て歩き始めるのでそのころに親から離す

ちなみに、出産後のお母さんの食事にはゴートミルクとハリネズミフードが良いとのことですが、この2つは小さいペットショップや爬虫類専門店ではあまり売られていないと言う情報もあるので、注意してくださいね。

覗いてはいけないハリネズミの子育て。

それでもやっぱり子育てがどんな感じなのかみたくなってしまった方は、こちらの動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=7dq5t9gc_cw

針は産まれてからはえてくるの?

針は産まれたときからあります。産まれる時は赤ちゃんは体液にくるまれていて針は皮膚の中にあります。

大体100~150本と言われています。それが1日すると出てきます。始めはとてもやわらかいと言われています。生後一週間で硬い針になると言われています。

その時期は触れない時期なので残念ですね・

貴重なハリネズミの授乳の動画をみつけました

https://youtu.be/dX4jUP5kcZQ

かわいいですね。

ちなみにこの動画の撮影者さんは育てるのに相当慣れているようで、小さい頃からハリネズミの動画をアップしていらっしゃいます。

もちろん。

なれない方は動画を撮ったりするとストレスを与えますのでやめましょうね。

スポンサーリンク

ハリネズミの赤ちゃんを買うには?

ハリネズミの赤ちゃんはブリーダーか、ペットショップで購入できます。

一般的に良いブリーダーさんから買うのが最良だそうです。

もともと、ハリネズミは人にはなつきにくいといわれているので、赤ちゃんの頃から丁寧に育ててくれるブリーダーさんから購入するのがお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は可愛いハリネズミの赤ちゃんの育て方を中心にご紹介しました。

  • 赤ちゃんを育てるのは難しい、初乳を与えられていない子ハリは人工保育も難しい
  • 育児放棄、子食いの可能性が高いので産後2週間は気を抜かない
  • 産後から2週間は極力ストレスを与えない
  • 気になる針は産まれたときからあるが最初皮膚の中にあってとてもやわらかい
  • ハリネズミの赤ちゃんを買うにはブリーダーがお勧め

育てるのは大変そうですが、育つとこんなに可愛くなります。

https://www.youtube.com/watch?v=x81b0qLXuNc

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする