長引く咳が心配。。熱なしのときに考えられる病気。私はこれで治りました。

こんにちは、ぽむです。

実は最近咳が止まりません。ひどくもないし、熱があるわけでもないけど、これってなに?病気?

気になるのでその原因を調べてみましたので、ご紹介します。

同じような症状が気になっている方、ご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

今。熱が無いのに咳が長引いている・

どうも不思議なことが続いています。

熱はありません。身体も特にだるいという感じはしない。

でも、咳が出るのです。

たまに痰もでたりします。

気になるのは、この症状がかれこれ3週間くらい続いていること。

ものすごい咳が出るとかではありません。

でも、咳の頻度が少しずつ増えているような気もします。

このせきの始まりは胸に痰が入ったような感じがしてから、

私の場合は始まりはホットヨガの終了後でした。

咳が出て、そこから痰がずっと、肺にいるような

そんな感じなんです。

風邪かな?と思っても別に熱はでていません。

特に体がだるいということも無いんです。

自分がそのような症状なので、電車に乗っていても、つい、人の咳が気になります。

そこで、よく聞くのが

「最近咳が止まらないんだよね」

調べてみると本当に最近多いようなんです。

咳が出る人、

病気なのか?病院にいったほうが良いのか?

判る限りで調べてみました。

何となくこれかな?と思うのはこの2種類

1:アトピー性咳嗽(がいそう)

ぽむは花粉症です。

なので、一番にこれを疑いました。

ちなみに、この咳良く観察すると、特定の場所ででやすいんですね。

あと、特定のとき(ぽむの場合は夜お酒を飲んでいるとき)

症状は

  • ぜいぜいしたりはしません
  • 鼻も詰っている感じがします。

この二つがアトピー性咳嗽の特徴に入っているのです。

風邪などのウィルス感染で、気管支炎を起こした場合にかかる病気のようです。

これは抗ヒスタミン剤が効くのだそうです。

(早速明日買ってみたいと思います。)

また、半数以上の人が再発をするそうです。

ただ、同じ治療で治るそうです。

また、

 女性や、子供にかかりやすい特徴があるのだそうです。

2:咳喘息

次に気になったのはこれです、咳喘息。

気管支が過敏になっておこるそうで、

  • 冷気
  • タバコの煙
  • 緊張

等が原因だそうです。

ここまでは、かなりぽむの症状に合っていたのですが、次がちょっと違いました。

「睡眠時咳がでやすくなり、不眠の原因になる。」

ぽむは、この症状はありません。

この症状が当てはまる方もいらっしゃいますよね。

咳喘息とはこんな感じのようです。

引用:長引く咳にご注意!咳喘息

風邪薬や抗生物質、咳止めがほとんど効果がなくて、気管支拡張剤が聞くのだそうです。

慢性になってしまうと、30%の割合で喘息になるというので、早く治したいですよね。

スポンサーリンク

なぜ咳が長引くのか?原因を調べたら・・

上の2つを調べて大体あたりをつけた(ぽむは1)ところで、気になる記事を見つけました。

それは原因は鼻にある。

というものです。

ちょっとおおざっぱに、医学用語を使わないで言うと。

鼻水がのどの奥につまってしまってそれを出すために咳を出す。

というものです。

これを調べて

【これだ!!!!】と思いました。

そして,試しに鼻が通るナザールを使ってみました。

すると・・・・・・・

なんと、咳が止まりました。

最近ずっと鼻が詰まっていたのです。

ちなみに、肺に感じていた、痰があるような感じも取れました。

本当に驚きました。

ただ、これはぽむの場合です。

一般には咳が出て、長引くときに治療を受けると同時に気をつけることは、

  • タバコ
  • アルコール
  • アレルゲンに接触しない

だそうです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は熱は無いのに咳が続く症状について調べてみました。

まとめると、

  • 咳は理由となる病気も症状もいろいろある。
  • アトピー性咳嗽(がいそう)と咳喘息が疑わしいと思われた。
  • 鼻も関係するとわかった(ぽむはそれで治った)
  • 咳を長引かせないためにはタバコ、飲酒、アレルゲンを控える生活をする。

でした。

ぽむは鼻のスプレーで治りましたが、みなさんに効くかどうかは判りません。

「これだ!」と思ったら、お試しください。

また、咳が長引くことがすぐに喘息と関係するとは限らないそうですが、もし、本当に長引いたり、ひどくなっていくようならば、一回きちんと調べて見てくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする