ハクセンシオマネキは絶滅危惧種?生息地や飼育方法について

こんにちは、ぽむです。

ハクセンシオマネキというカニをご存知ですか?

片方だけ大きなはさみを持つ個性的なカニです。

このカニ絶滅危惧種なのでしょうか?どこにいるか?飼育方法についてしらべてみました。

スポンサーリンク

ハクセンシオマネキは絶滅危惧種

ハクセンシオマネキは2006年に環境省レッドリストの絶滅危惧種に指定されています。

ハクセンシオマネキは干潟(干潮時にも乾燥しない)ところに巣穴をほって生息するのですが、

道路整備等に伴って護岸などが作られるため、住むところが減ってきてしまって

環境悪化もあり、絶滅危惧種になるほど個体数が減ってしまったのです。

コンクリートで固められた海岸。。

これでは、すめませんよね。。 

スポンサーリンク

ハクセンシオマネキの生息地

ハクセンシオマネキの主な生息地は

  • 紀伊半島
  • 瀬戸内海
  • 天草地方
  • 鹿児島県

です。

ただ、ちょっと、詳しく言うと、

生息地は変化しています。

例えば^^

近年、ちょっとした朗報がはいっています。

2012年初めて、ハクセンシオマネキが

東京湾内でも生息が確認されたのです。

2015年は5匹 2016年には20匹と、少しずつ増えているようです。

温暖化の影響で、黒潮に乗ってやってきた幼生が、冬を乗り切れるようになったためといわれています。

嬉しいですね!

海外では、中国,台湾、朝鮮半島に生息しています。

飼育方法:ハクセンシオマネキは飼えません

飼育方法の前にちょっとだけ説明させていただきますね。

ハクセンシオマネキは絶滅危惧種です。

そのため、ペットには出来ません。

ただ、シオマネキといって

同じように片方のはさみが大きいカニは種類がいくつかあります。

例えば、オキナワハクセンシオマネキは、絶滅危惧種ではありません。

なので、ペットに出来ます。ペットショップでも買えます。

ただ、

ハクセンシオマネキだけは

絶対見つけても取ってはいけない!

さて、

では、

ハクセンシオマネキは飼育されているのでしょうか?

どんな風に飼育されているのでしょうか?

これは天草永浦干潟にあるハクセンシオマネキの飼育ゲージの写真です

こんな風に育てられているの?

どちらかというと、これは飼育という感じではありません。

こちらで行われているハクセンシオマネキの飼育は保護です。

固体の保護ですね。

天草では県をあげてハクセンシオマネキの保護をしています。。

その方法は、

上の写真のゲージのように他の生物の生態系と分けて繁殖しやすい環境を作っているそうです。

近くに住むすべての生物の生態系を調べて干渉されないように分類して、ゲージで囲って保護しているのだそうです。

すごいですよね!ちょっと感動しました。

ちなみに、こちらでは

夏にはハクセンシオマネキの恋ダンスを観るイベントも開催しているので、

興味のある方は訪れてみたらいかがでしょうか?

有名な「ウェービング」が一杯一杯みれるようですよ!!

ん?

ウェービング???

ウェービングをご存じなかったお方はこちらからどうぞ!

ハクセンシオマネキのとっても素敵な恋ダンスです!

https://youtu.be/ZQCtkS531LE

ちなみに、こちらには載っていないのですが、

この、恋ダンス

振られることもあって、

振られるとオスはすごいショックを受けて、

すぐに砂を深く掘って、落ち込むのだそうです。

かわいい^^

天草観光協会のhpはこちらからどうぞ

<top>

スポンサーリンク

シオマネキの飼育方法

シオマネキは飼えるようですので、飼育方法をご紹介しますね。

こちらは実際に飼っている人の撮った画像です。

ヒルギの苗を上る様子、

なかなかいたずら者でたまに脱走するそうです!

ただ・・

シオマネキを飼っている方はほとんどいないようで、情報もものすごくレアです。

とりあえず。見つけたものを載せておきますね。

長期飼育を目指すならシオマネキがいる干潟の泥が必要です。 干潮時に干潟の表面部分の泥をすくってきます。 水槽にその泥を深さ5cm程敷き詰め傾斜をつけ半分は水から露出するようにします。 海水は水深1~2cmあれば十分です。 水槽は日光が当たるところに置きます。水槽内の温度に注意が必要です。油断するとあっという間に茹でカニになってしまいます。 傾斜地の泥が完全に乾かないようスプレーします。 簡易な方法ですがこれでうまく行けば数か月は飼育できます。 基本的に餌は不要で月に1度、乾燥イトミミズを極少量与えれば十分です。 繁殖は不可能に近いです。

こんな方も

 飼育環境は、フラットタイプのプラケースに細かい砂を敷き、真水を張っただけのシンプルなもの。砂は傾斜をつけて一部が水面上に露出して浜を形成するようにします。ベニシオマネキの雌雄のほかに、オキナワハクセンシオマネキのオス2頭とヤドカリが同居人です

ちなみに。。ものすごくびっくりしたのですが。

カニって人になれるのだそうです。

ある方のブログです。

ひと月ほどまえに最後の脱皮をした後、頻繁に僕の目の前に姿を見せるようになってきました。 「偶然かな」と思っていましたが、朝とか夕方とか、僕が水槽を覗き込むとわざわざ巣穴から這い出てくるようなのです。どうも僕のすがたがあると餌をくれる人、と思っているようで、水槽の流木の上まで来て待機しています。

最近はいつもこうやってえさが来るのを待っています。

で、餌を受け取ると、すぐさま巣穴に戻っていきます。。。

シオマネキに限らず、カニは可愛いようなので、ちょっとだけ動画もご紹介しておきますね。

https://youtu.be/ufI0PTckUx8

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は不思議なカニ、ハクセンシオマネキについてご紹介しました。

まとめると

  • ハクセンシオマネキは絶滅危惧種
  • ハクセンシオマネキの生息地は東京湾以南の干潟
  • ハクセンシオマネキは飼えません
  • シオマネキは飼えます。干潟のような環境を用意、餌はミミズなど

でした。

今回いろいろと調べてみたときに、調べたどのhpも最後に

「干潟は沢山の生物の命のもとなので、保護してください」とかかれていました。

本当にそうだとおもいます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする