今日からできる!耳つぼ効果で自律神経の乱れや肩こりを解消する方法

なんとなくよく聞く「耳つぼ効果

自律神経の乱れや、肩こり、顔のむくみにも効くと口コミでは評判ですね。

でも効く?難しい?誰にでも出来る?

今から出来る!?

ちょっと、判りずらそうな、専門的なようなイメージがあったりしますが、

耳つぼ効果は抜群です。簡単なやり方で誰にでも出来ます。

今すぐ、「耳つぼ」やってみましょう!!

ちょっとした不調なら、すぐに良くなる効果が実感できると思います。

また、続けていくことで、思わぬ効果も期待できます。

スポンサーリンク

代表的な耳つぼ一覧

まず、代表的な耳つぼをご紹介します!

症状と照らし合わせたら、気になるつぼを強めに押す

つぼが小さいから、一気に耳全体をもんでしまう

それだけでも、ある程度は効果はあると思います。

ただ、なかなかそれだけだと即効性が無い、効果がわかりにくい、という話もよく聞かれます。

他のマッサージでも、まずほかの部分もほぐしていきますよね。

耳も同じです。順番にしていくことで即効性が期待できて、効果が上がります

まず、耳の周りのマッサージから始めて、次に耳つぼを刺激します。

また、そうすることで嬉しいプラス効果として、リラックスが期待できます。頭皮が緩むためです。

スポンサーリンク

まず耳の周りをほぐす!

まず、コチコチになっている、耳の周りをほぐしましょう。

え!ここ,こんなに凝ってたんだ!」と思われると思います。

気づかないうちに、ものすごく耳の周りは硬く、かたーく凝ってしまっているのです。

引用:gooいまトビ

一番簡単で、即効性のあるほぐし方をご紹介

それでは、マッサージをしてみましょう!

いろいろとやり方はあるのですが、ここでは「1分もかからず、簡単で、抜群の効果が出るほぐし方!」をご紹介します。

  1. 両手でチョキをつくって耳全体をはさむ。はさんだ手を前から後ろ、でも、後ろから前、でも良いのでぐるぐる回す。
  2. 両手でグーを作って。両耳の上後ろをぐりぐりする。(写真の赤いところ)
  3. 人差し指を曲げて耳の前にあてて、ぐりぐりする。(写真の赤点を意識して)

全部やっても1分はかからないと思います。

これだけで耳の周りの血流がかなり良くなり、リンパが流れやすくなります。

首の後ろが温かくなってきたり、目がよく見えたり、耳が聞こえやすくなったりします。

特に3番目は効果が現れやすいです。視野がぱっと明るくなった!耳が聞こえやすい!と感じる方も多いです。

また、これだけで充分なリラックス効果がでるときもあります。

強さ的には自分の気持ちよいという程度でよいです。

ただ1番初めの「チョキを作って耳の回りの筋肉をほぐす」のはあまり強い力でする必要はありません。

リンパを流す初めの1歩なので、出来るだけやさしくやったほうが効果は上がります

また、反対にこの手順を省いてしまうと、つぼを押したとしても、リンパが詰まっていたりするので、効果が出にくいす。

ここで止めてしまっても良いですが、次に耳つぼを刺激すると、効果がものすごくあがります

スポンサーリンク

耳つぼを押す!

7つのつぼと効果をご紹介!

耳の周りがほぐれたところで、今度は実際に耳のつぼを押して行きましょう。

紹介するのは7つのつぼです。

どこから押していただいても良いです。

自分の気になるところだけでも良いです。

押し方は、詳しく言うと各ツボで微妙に違います

ただ、始めはそこは気にしなくても良いです。

効果は、ちゃんとでます

押すときには綿棒、指、市販されているグッズを使用します。

ツボ指圧するときに注意することは傷がついたりするものは絶対に使わないこと!ツボなだけに傷がついたために膿んだりしてしまうと大変なことになります

押し方は「垂直に圧をかける」です。でも、あまり気にしなくても効果は出ると思います。

ツボは個人的な違いが結構あります。

「響く」というような表現がよく使われます。

実際にやってみると、意外に良くわかります。

まずはやってみてください。

スポンサーリンク

ツボはこのようになっています。

神門 

すごい名前がついているツボです。「神・宇宙につながるツボ」と呼ばれています。その意味はちょっと不明^^;ですが、とにかく言わんとすることは、「最重要なツボ」ということですね自律神経を整えるツボです。頭痛の解消、身体の緊張・興奮、イライラを鎮めてくれる効果があります。押し方は3秒押して3秒待つを繰り返します。

食道 

胃・腸・肝臓・膵臓など、消化器官全体の働きを正常にするツボです。また、「逆流性食道炎」に効くツボ。つまり胸のつかえ、胸やけに効果があります。

飢点 

耳ツボダイエットに使われる食欲を抑えるツボです。ここは押す時間をちょっと長めに押します。強さはちょっと痛いと思う感じ。

内分泌

 ホルモンなどの内分泌系の乱れを正常化するツボです。そのほか、新陳代謝の促進、保温作用、泌尿生殖器、皮膚の疾患、便秘に効くツボです。押し方は1分くらい押し続ける。強さは「イタ気持ちよい」です。

肺 

血行促進。呼吸器系の疾患に効果があるツボです。のどの痛み、口内炎、動機、、血圧調整などに効きます。血圧か異常からくる肩こりにも効きます。脂肪分解作用、基礎代謝の向上作用があります。押し方は、ちょっと長めに圧を加えながら下の方にちょっと引っ張ると効果的。

噴門

ダイエットに効果的なツボ、食欲を抑えます。ここを押すと、お腹が張りやすくなります。お腹が張ったら食べるのをすぐにやめるとダイエットが成功しやすいといわれているツボです。3秒押して3秒休む。

胃 

胃の働きを活性化するツボ。消化を助けます。胃腸の不調、胃の疾患からくる背中の痛みにも効果的です。食欲不振にも効きます。年末年始の暴飲暴食には必須のツボです。3秒押して3秒休むを繰り返す。

つぼを押すときに便利なグッズとお値段をご紹介します

つぼを押すのはやってみると、意外にむずかしかったりします。

もちろん、それを気にしなくても効果はでます。

ただ、ピンポイントで、絶対に効果を出したい

そんなときには、市販グッズを使うことをお勧めします

ただ、痛いです。w

耳ツボ探知機 らくらく耳ツボ探し 便利なノック式

2916円 yahoo ショッピング 

耳ツボシール(100粒) 20粒×5シート

778円

実際使ってみた感想としては、ノック式のものも、シールも意外と痛いです。

気になる方はヤフーなどで検索をして、自分好みのものを選んでいただければよいかなと思います。

市販品はツボに圧を正確にかけることが目的なので、痛いです。

そこを踏まえた上で選んでいただければと思います。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、意外とよく判られていない耳ツボ効果について、判りやすく説明をしてみました。

やりかたの順序と注意点について

  1. 耳ツボの位置をしらべる
  2. 耳ツボ指圧の前にはほぐしをする。
  3. 自分の気になるところを押す。
  4. 押すときには、指、綿棒、市販品を使う。

ですね。

圧のかけ方はツボによって微妙に違うのは事実なのですが、気にせず、押していただければよいかと思います。

そのとき、絶対に気をつけていただきたいことは、皮膚に傷をつけないこと。

それを踏まえていただければ、耳ツボ効果で頭皮は柔らかくなりますし、首の筋肉、顔の筋肉の血流が良くなります。長く続けていただければ記事に書いた以上の効果が現れると思います。

まずは、簡単に、気になるところを1日一分から始めてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 今日からできる!耳つぼ効果で自律神経の乱れや肩こりを解消する方法 より […]