獺祭はうまいのか?!種類の違いは味の違い?すっきりご紹介します!

突然ですが、獺祭(だっさい)はうまいのか?!

どう思いますか?

その獺祭。今回の大雨でしばらく製造中止と発表されました。

そこで、今日はこの日本が誇る銘酒獺祭をご紹介します。

意外と知られていないのが種類が多いことですが。種類によってお味はどう違うのでしょうか?

みんなで獺祭を飲んで、旭酒造を応援しましょう!

スポンサーリンク

獺祭はうまい

味わい

獺祭の旨さはなんと言っても、そのすっきりとした味わいでしょうか。

ぽむも実は獺祭ファンです、個人的には、濁りが無い味がとても気に入っています。

なぜかというと。

なんというか、「作り手だけの主張が無い味」と言うのでしょうか、エキスパートの方には怒られてしまいそうなのですが、とにかく「純粋に徹している味」って感じが獺祭にはあります。飲みにくい、「通だけわかればよし」的な味では全くないです。

そのこだわりは香りに一番表れているように思います。

香りと味が誰にでも味わえるお酒のイメージ。しゅr

海外の方に紹介してもほぼほぼ100%、獺祭は気に入ってもらえます。

理由を聞くと、「飲みやすい、香りが良い」だそうです。

ところでですが、

この「飲みやすい」が実は旭酒造のものすごいこだわりから生まれていることを実は、ぽむは調べるまで知りませんでした。この、飲みやすさ、純粋と感じる味わいは、旭酒造が心血注いで作ったものだったのです。

余計なものが無いから、素材の味がでる。

これは、他の日本酒と飲み比べていただくと本当に良くわかります。

香り

香りとてもは華やかです。

日本酒嫌いなかたはわかると思うのですが「うっ」とくる香りはありません。

これが、日本酒嫌いな方や、海外の方に多く支持される理由?と、個人的には思っています。

そして、どんな香りかというと、

フルーティ」です。

これは実際に飲んでいただかないとわからないのですが、お酒と香りの関係が凄くうまく言っていると思います。

「華やか」

と言っても良いのかもしれません。

雑味を抜いた日本酒って、どんなもの?と思われると思うのですが、

「本当の味が味わえる」

という感じです。(個人的ですが^^;)

「飲みにくくなくて、味がきちんとわかる」

そんなお酒です。

スポンサーリンク

獺祭の種類

獺祭には、日本酒、焼酎、スパークリング(発砲にごり酒)の3種類があります。

ただ、焼酎1種類・スパークリングは2種類です。

なので、今回は日本酒の種類についてわかりやすくご紹介したいと思います。

まず、獺祭は全て大吟醸です。

ちなみに日本酒のグレードは 純米→本醸造→吟醸→大吟醸 となっていますので、

獺祭は全てが最高グレードと言うことになります。

その種類は14種類

結構多いですが、季節の商品が多句、欠品も多いので、簡単に手に入るものは大体9種類です。

ご紹介すると

大抵の獺祭は原料が山田錦 そして、その山田錦の不純物を削ってお酒を作るのですが、(これを「磨き』と呼ぶ)その削る割合で種類が変わります。

磨きには2種類あります2割3分と3割9分。そして、磨きの割合が公開されていないもの「磨き その先へ」があります。(ちなみに『磨き その先へ』は720mlで1本3万円を超える価格^^;です)

また、磨きが同じで遠心分離という旭酒造独自の製法を使ったもの。使わないものがあります。

また、山田錦を使っていない獺祭が2種類、純米大吟醸50・温めるように作られたものがありますがあります。

詳しくはこちらをどうぞ

https://www.dassaistore.com/

旭酒造のhpです。

季節の商品は販売時にこちらにアップされますが、今年は大雨が原因で、製造が中止、再開は未定とのことなので、残念ながら季節の獺祭は、今年は飲めないのですね。

一日も早い復興と、従業員様の無事をお祈りしております。

ちなみに、獺祭はネットではプレミアムがついて実際価格よりも高く売られているものが多いですが、正規販売店ならば定価で購入できます。

引用:旭酒造新聞広告

大雨で甚大な被害を受けた旭酒造を応援したいと思われる方は、是非旭酒造から直接ご購入いただけたらな。と思います。

スポンサーリンク

こだわり

こだわりの磨き

磨きにはご説明したとおり3種類あります。

  • 純米大吟醸50
  • 磨き三割九分
  • 磨き二割三分

値段はだいたい3千円・5千円・1万円となります。

もちろん磨き二割三分が一番高級品なのですが、以外にも純米大吟醸50はかなりの人気があります。

「値段がお手ごろだからじゃないの?」と言われてしまいそうですが、そうでもありません。

最高品質の二割三分になると、ほぼ、味を感じない究極のお酒というかんじです。。実際ぽむも飲んだのですが、本当にそう感じます、においはかなり華やかです。

すっとはいってきて、香りが残ります。味の感じはかすかにしか残りません。

だからと言って美味しくないか?と言われると、本当に美味しいのです。

味を表現する言葉が無いと言ったほうがよいかもしれません。

それに比べると純米大吟醸50はしっかりとした味わいがあります。

ちなみに2割三分になると24時間×7日間の磨きが必要だそうです。。

すごすぎますね^^;

そんな3本を飲み比べてみたい方へお勧めです。

3本買うのはちょっと痛いので、お勧めは飲み比べセットです。

https://www.asahishuzo.ne.jp/products/items/item.htm

遠心分離

旭酒造のhpより

このお酒は通常のお酒のしぼりのように袋などを機械的に圧力をかけて絞ったものではなく、もろみからお酒を分離したものです。無加圧状態で、もろみから酒を分離するため、純米大吟醸もろみの本来持つ香りやふくらみなどの美点が崩れることなく、このお酒に表現されています。

製造方法が遠心分離だと言うことですね。

もろみの雑味が極力抑えられた味。

『いや、もう充分に美味しいお酒だからそれは要らないでしょ』と思う無かれ。

この味わいは是非是非お試しいただきたいです。

お酒と香りってこんなに関係しているのね。と思いますし、

『製法極めるとこんなにも味が違うのか」と言う感じです。

普通のものより全体に千円程度値段が上がります。

磨きを飲んで、気に入ったら、こちらもお試しください

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は日本が誇る獺祭についてご紹介してみました。

よく言われることですが、獺祭はうまいのか?

本当に美味しいお酒です。

まとめると

  • 獺祭はうまい。
  • 獺祭の旨さはその味と香り。日本酒嫌いな方にも好かれる味わいと華やかな香りが特徴
  • 種類は14種(入手しやすいものは9種類)
  • こだわりの磨きの割合と製造方法によって種類が変わる

一口に獺祭といっても、実は14種類もあります。焼酎も、にごり酒スパークリングもあります。

気に入ったものを見つけていただけたら嬉しいです。

最後になりますが

一日も早く旭酒造の皆様が元気になることをお祈りしております。

ここまでよんでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする