脳貧血!?治し方は?病院の何科に行ったらいい?すっきりお答えします!

こんにちは。ぽむです。

天皇陛下が脳貧血の症状が出て公務を取りやめされたことで、今注目されている脳貧血。

すぐに効く治し方はあるのか、病院の何科にかかるのが一番良いのか、わかりやすくご紹介します!

スポンサーリンク

脳貧血?

今回、初めてこの言葉を聞いた方も多いと思いますので、ざっくりとご紹介いたします。

皆さんは、立ち上がったときに、くらっとして、しばらく動けなかった経験はありませんか?それがひどくなった状態、脳貧血はめまいや、ふらつき、失神などを起こす病気です。

脳貧血は一般的に言われている貧血とは違います。血液検査でわかるものではありません。

起立性低血圧症とも呼ばれていて、原因のはっきりしているものと、突発性のものがあります。

原因のわからないものは、説明できないので、原因のはっきりしているものに限って説明させていただきたいと思います。

一般的な原因は、血圧を調整する働きの低下です。

糖尿病や脱水症などの病気が原因になったりもします。

老化を思い浮かべる方も多いと思うのですが、原因のはっきりしている起立性低血圧症は10代の子にも多い病気です。

高齢者に多いのは突発性の起立性低血圧症で、原因がはっきりしない、もしくは原因となる病気が見られないのに症状がおこります。

また、利尿薬や抗うつ薬、高血圧の治療のためのお薬などの飲用が原因の場合もあります。

スポンサーリンク

治し方、市販薬

症状が起こった直後にすること

症状が起こった直後は頭に血が行くような姿勢をとります。

寝て、足を上にする。しゃがむだけでも効果的。

これだけでよくなる場合もありますが良くならない場合はお医者さんの受診が必要になります。

無理に動くと高齢者は転倒を起こす場合があります。

頑張ってすぐに動かないないようにしましょう。

めまい、ふらつきがおさまって動くときの注意ですが、

動いたときに倒れないように、介助してくれる人がいると良いです。

脳貧血を起こして、少し休んで無理をして自力で動いてふらついて転倒が一番危険。

無理だと思ったときは、救急車を呼んだほうが無難です。

治療は通常は血圧を上げるお薬を服用します。低血圧槽を改善して、ふらつきや、めまいなどの症状を改善してくれるお薬を飲むことになります。ただ、お薬が原因で症状が起こっている場合は、その服用を中止して様子を見ることになります。

処方されるお薬をご紹介します。

処方される主なお薬として知られているのは以下のお薬です。

昇圧薬

・メトリジン(ミトドリン)
・エホチール(エチレフリン)
・リズミック(アメジニウム)など

また、自律神経を整えるために漢方薬などが処方されることもあります。

どのお薬が処方されるかは、症状と医師の判断によって変わります。

市販薬を使用する場合

「忙しいから、手っ取り早く薬局で手に入れられる薬はある?」と思われる方も多いと思います。

残念ですが、市販薬を自己判断で使用することは、治療では薦められていません。

脳貧血は脳の貧血。

場所的にも自己判断は危険だと言うことだと思います。

市販薬の場合、血を多くする漢方薬、もしくはふらつき、めまいなどの症状に効く薬を自己判断で購入し飲むことになりますが、こちらは薦められていません。

症状の原因は自己判断が難しいということなのですね。

なので、症状が出た場合は、まずは病院に行き、医師の診断を受けることが必要です。

病院。何科にかかれば一番良いか?

では、一体何科にかかったらよいのかというと、内科、循環器内科です。

ただ、そこでちょっと気をつけたいことがあります。

それは、

失神をした場合です。

この場合。もちろん医師によって意見は違うのですが、「精神内科の疾患が無いか?のいうチェックをするべきである。」と言う内科の医師は沢山いらっしゃいます。

失神の原因が循環器であったとしても、意識障害があったからです。

次に、内科、循環器内科のどちらを受診したらよいか?と言う質問があると思うのですが、安全を最優

スポンサーリンク
先するのであれば、循環器内科を受診されたほうが良いと思います。

なぜかというと循環器に以上があった場合は命に関わるからです。

そこに異常が無いなら問題はありませんが、そこに原因があった場合は、早い治療は命に関わるからです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

天皇陛下がかかられた病気ということで、興味をもたれる方も多いと思い、ざっくり、すっきりとご紹介しました。

まとめると

  • 脳貧血とは脳の血圧が一時的に減少した状態。起立性低血圧ともよばれ、めまい、ふらつき、失神などの症状が出る病気
  • 脳貧血には、原因のはっきりしたものとわからないものの2種類ある
  • 原因のはっきりしたものは10代から、高齢者まで
  • 原因のはっきりしないものは、高齢者に多い
  • 市販薬を使った自己判断の治療は危険
  • 病院は内科、循環器内科を受診
  • 失神が起きた場合はまずは精神疾患がないかのチェックを、無い場合は循環器内科を受診するのがお勧め

です。

この病気は転倒などにつながりますので、軽い症状かな?と思っても、早めの受診をお勧めします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする